介護脱毛とは?

将来自分が介護を受ける立場となる可能性に備え、介護者や自身の負担を減らすために、アンダーヘアの脱毛を行うことです。
「介護脱毛」は、近年様々なメディアで取りあげられるなど大きな注目を集めており、実際 に施術を受けた方もミドル世代を中心に増え続けています。

介護時にアンダーヘアが原因で起こり得る問題

デリケートソーンの肌トラブル
デリケートゾーンはもともと皮膚も薄く、蒸れやすく、丁寧なケアの必要な場所です。
アンダーヘアがあることで、付着した排泄物を取り除くために強くこすって肌を痛めたり、 また取りきれずに不衛生になって雑菌が繁殖したり様々なトラブルが起きやすくなります。
それはかぶれや臭いなどの不快感だけでなく、感染症を引き起こすこともあります。
排泄介助時の精神的・身体的負担の増加
アンダーヘアはスムーズな排泄ケアを妨げます。
ケアに時間がかかると、介護する側・される側の双方ともが身体的にも精神的にも大きなストレスを感じてしまいます。

介護脱毛のメリット

介護脱毛の主なメリットは介護する側の負担軽減・介護される側の衛生面の上にあります。

  • ○介護脱毛すると排泄介助がしやすい
     →アンダーヘアーに排泄物が絡まらなくなるためスムーズにオムツ交換ができる。
  • ○ニオイの軽減
  • ○細菌が繁殖しにくい
  • ○病気がみつけやすい。
  • ○恥ずかしい、汚いと思われる、迷惑をかけるといった不安がなくなり安心感が得られる。
  • ○排泄時や生理時も清潔、蒸れないなど介護を受けなくても利点が多い

アンダーヘアーがあることで、蒸れが生じ、細菌の繁殖による臭いやかぶれ、 細菌感染症や尿路感染を引き起こしてしまう可能性も。 自己処理は、肌表面の角質層に負担をかけ、カミソリ負けや埋没毛、 色素沈着などの肌トラブルや、自己処理の傷から雑菌が入り、炎症を起こしてしまうこともある。

Iラインは粘膜に近い部分のため、自己処理による肌の負担を十分に考慮する必要がある。 そのため、アンダーヘアーを清潔に脱毛することにより、蒸れによる雑菌の繁殖やニオイ、 皮膚トラブルを回避できる。

介護脱毛はアンダーヘアが白髪になる前に行う

医療脱毛で使用されるレーザー脱毛機器や、脱毛サロンで使用される光脱毛機器は、 毛に含まれるメラニン(黒い色素)に反応して脱毛を行うため、 一般的な脱毛サロンで導入されている脱毛機ではメラニン色素のない白髪には反応しません。
ですが、当店にで導入している脱毛は白髪にも反応し照射することができます。
もちろん、黒の毛の時の方が効果を実配するのが早いので、 介護脱毛はまだ大丈夫とお考えの20代・30代の方も今からでも始めてみませんか?

「介護脱毛」に関するアンケート

20歳以上の女性に聞きました!

出展:株式会社オレンジページ 暮らしデザイン部プレスリリース(2011.03.19)

https://www.atpress.ne.jp/releases/251783/att_251783_1.pdf

【調査期間】2021.01.26-31 【調査対象】国内在住の20歳以上の女性(有効回答数1412人)

お問い合わせ・ご予約はこちら